たくさんの小鳥たちに囲まれています。
お知らせ
 
 8/16価格改定のお知らせ
 8/24玄稗の件 
 8/25皮付きオリジナルシードオカメインコ(3.2kg)へ変更 
 8/25皮付きオリジナルシードフィンチ(3.2kg)へ変更 
 9/29皮付きオリジナルシードウロコ(3.2kg)へ変更 
 9/29皮付きオリジナルシードダイエット(3.2kg)へ変更




ブンチョッコ。
卵5個になってますが
全然真剣さに欠けます。
中止卵の恐れあり・・・。
そろそろ温めて・・・


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 


36日齢。
体重88g。


今日からベタ慣れ特訓の為、
リビングに移動です。
家族みんなと会うのも初めてです。
彼女にとって
保温ケース、飼育委員の姿や手、止まり木、
それ以外は見た事もない物ばかりです。
今日が初めての経験です。

「何これ~~、怖いよ~~、逃げよ~~!!」




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 


DSC00109.jpg


ブンチョッコ。
卵が増えてます。
でも、全然真剣に温める気がありません。
中止卵になるかも・・・。


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 


P1266392.jpg




ブンチョッコ、
壺巣を付けた途端に様子が変です。
女の仔が巣から出て来なくなりました。
男の子が巣の前で見張っています。
これは,もしかしたらもしかするぞ。
ブンチョウは小学生の時に飼って以来です。



P1266393.jpg




P1266390.jpg




P1266389.jpg




DSC00154 (2)





DSC00153.jpg




DSC00152.jpg


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 


ブンチョッコペアに壺巣付けました。
腕がだめでも天気がいいので写真が綺麗に撮れたよ(^^)v
もふもふブンチョッコご覧あれ~~~!!
もふもふおちりも見逃すな~~~!!



P1016117.jpg



P1016123.jpg



P1016124.jpg



P1016122.jpg



P1016121.jpg



P1016120.jpg



P1016119 - コピー


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 

今日は時間がなく写真が撮れませんでした。
下の写真は以前に使った写真です。
すみませんm(__)m


P1015685.jpg




P1015682.jpg



現在我家のインコ達は
雛以外は全く保温はしていません。
保温どころかご覧のように屋外です。
昨年9月産まれの仔達も屋外で過ごしてます。
先日のような寒い日はケージの中の水が凍ります。
そんな状況でもインコ達は全然大丈夫です。
むしろ、無茶苦茶元気です。
朝、日の出と共に一斉に男の子が雄鳴きです。
水を変えると氷のような冷たい水に一斉に水浴びです。


P1015684.jpg


唯一屋内にいるのが11月産まれのコザチャンと
娘が面倒を見ているブンチョッコです。
屋内と言っても保温もしていない玄関にいます。
この仔達も日の出と共に出せ出せと呼び鳴きします。

ここからの話は飼育委員の個人的見解です。

お住まいの場所にもよりますが
(こちらは朝-4℃まで下がります)
健康で元気な成鳥であれば保温をしなくても大丈夫です。
室内であればなおさら問題ありません。
むしろ、その方が元気で羽艶の良いインコになります。

では保温はどういった時にどのようにすべきなのか?

まず、絶対に保温が必要なの雛達と病鳥です。

問題は保温の仕方です。

保温は空気を温めなくてはなりません。
それも最低30℃です。
良くホットシートのような敷くタイプがありますが
これはあまりお勧めできません。
空気が温まらいからです。
また空気を温めようと温度を高くすると
まだ動きが活発でない雛や病鳥は一発で低温火傷を起こします。
できればサーモスタットを付けた保温電球で温めるのが一番です。
空気を温めると言う事は出来る限り密閉する必要があります。
ですので雛達の飼育にはプラケースや水槽を使います。
病鳥のインコの場合は保温電球をケージに付け
ケージごと何かで包みます。
病鳥のインコだけをプラケースに入れても構いません。
いずれにせよ空気最低30℃に温める事です。
温度が25℃前後だとゆっくりゆっくり弱っていきます。
雛に至っては高い確率で死んでしまいます。

また、保温電球をプラケースに付ける場合
プラケースが熱で熔けないように気を付けて下さい。
プラケースが熔けるとガスが発生します。
そのガスでインコはこれもまた一発で死んでしまいます。




IMG_4485.jpg

上の写真は今日の夕方撮りました。
1月17日から約1日おきに3羽の雛が孵化しました。
黄色の産毛がホッペのある仔、
白色はホワイトフェースです。
信じられないかも知れませんがこの仔達も外なんです。
もちろん保温はできません。
親鳥がべったりと羽の中に包んで温めています。
写真が撮り終わったら電光石火のごとく帰って来ます。
親鳥の母性愛、父性愛・・・。
天然の保温・・・。
凄いです・・・。


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 




【飼い主様・里親様募集】

tery's birdsで産まれた子供達を
一生涯大切に可愛がって頂ける飼い主様にお譲りいたします。
一人餌になってからのお渡しも可能です。

必ず
譲渡募集要綱を熟読していただき、
お気軽にお問い合わせください。




【記号の説明】
OF(オレンジフェース) WF(ホワイトフェース) PF(パステルフェース) 
YF(イエローフェース) pd(パイド)  flw(ファロー) rsv(レセッシブシルバー) 
lu(ルチノー) cn(シナモン) pl(パール)
sp /(スプリット、隠れた遺伝子) poss(可能性がある)




PFルチノー

おかげさまでお迎えが決まりました。
ありがとうございました。m(__)m




管理NO  NO 050
誕生日  2012年12月24日
性別   雌(遺伝の法則による)
両親   父 OFノーマル/ wf lu cn pl pd  母 PFシナモン/wf pd 
遺伝情報 PFルチノー/  wf poss pd
備考     
お問い合わせ terysbirds@yahoo.co.jp

1月21日撮影 28日齢 98g(食前)
P1016326.jpg



いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 

P1016161.jpg




19日齢。
食前72g。
食後82g。



P1016151.jpg




P1016152.jpg




P1016150.jpg



良く見ると羽が1枚開きかけています。
明日から桜の開花のようにどんどん羽が開いていきますよ!!
ようやくです。
ようやくオカメらしくなって来ます!



P1016154.jpg




P1016164.jpg


いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ 

 


P1016005.jpg


11日齢
食前27g。
食後32g。


今23時過ぎです。写真は今日のお昼。
先程、今日最後の挿し餌を上げて、
お酒を呑んで今夜はちょっと酔っ払いです(*^^)v
文章がハチャメチャになる恐れあり~~です。

オカメちゃん、
今日、少し大きくなったなぁって初めて感じました。
感じるのが遅い?ですよね。
食後の体重は巣上げの時の3倍ですからね。
感じるのが遅すぎですね。
歳のせいか?いやいや感受性ゼロの性格でしょ・・・。


P1016002.jpg


昨日のお尻の穴繋がりで、
もう少しお尻の穴に触れて置きます^^;
お尻の穴に触れる?

なんか新年早々下ネタパラダイスになって来たぞ~!

もとい。
オカメに限らず鳥類はお尻の穴は1個しかありません。
ここは1個と言わず1穴(ケツ)が正解ですか?
まさしくお尻の穴だけに1穴(ケツ)ですね(^^)v

もとい。
オカメに限らず鳥類に限らず哺乳類も爬虫類もお尻の穴は1つですよ!!
↑誰か知らないけどありがと!

もとい。
鳥類は排泄をする器官はこのお尻の穴1つだけなんです。
オシッコもウンピも同じここからします。
もっとつっこんでお話しすると
卵もここから産まれます。
当然、交尾もここです。

では、何故?

これは体のメカニズムを複雑にせず、
出来る得る限り簡素化、合理化にしたい為なんです。

だから何故?(-_-;)

それは簡素化、合理化にすることで体重を抑える為なんです。

だ か ら なにゆえ~~~(ーー゛)

飛ぶためですーーーー!!!!。

パチパチパチパチ!!!!


おめめがパッチリしてきましたね~~。
この仔はかなり眼が大きくパッチリするかも知れません。


P1016008.jpg


P1016006.jpg


P1016007.jpg


いつもご覧頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ

 


昨年の12月23日の少し前に産まれたキンカチョウ。
そのまま自育。
両親に子育てはお任せしていました。

12月23日撮影。
DSC00131.jpg


今日、しばらくぶりに覗いて見ました。
あんなに小さかったのにもうこんなに立派になっていました。
カラーはフォーンですね。
ゴールドに輝いています!(^^)!
遺伝的に女の仔です。
このペアひょっとして女の仔しか産んでいないかも・・・。

1月4日撮影。
DSC00132 (3)


DSC00133 (4)


DSC00134 (3)


DSC00131 (3)


いつもご覧頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ

 


P1015948.jpg


コザちゃんもこんなにきれいになりました(^^)
WFブルー、体重50g。
かなりの甘えん坊!
自分をインコだと思っていない。
人から離れたがらない。
嘴の茶色ももう少しで消えそうです。


P1015945.jpg


P1015957.jpg


P1015951.jpg


P1015950.jpg


P1015949.jpg


P1015952.jpg


いつもご覧頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ


 

         
 Screenshot_from_2012-11-19-213151.png 




新年明けましておめでとうございます





昨年は

tery's birdsに

ご訪問いただき

誠にありがとうございました m(__)m

  

ここまで続けられたのも

ご愛読いただいている

皆様のお蔭です

感謝いたします



本年も

自分勝手なブログですが

是非

お立ち寄り頂ければ幸いです



どうぞ本年も


よろしくお願いいたします。m(__)m



P1015971.jpg


P1015968.jpg



いつもご覧頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ