たくさんの小鳥たちに囲まれています。
お知らせ
 
 8/16価格改定のお知らせ



年末年始も翌日お届けできます。



評発売中!

「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1015999.jpg

10日齢です。
24g。

この時期の挿し餌の注意は
鼻にパウダーフードを掛けないよう、絶対の注意をしてください。
嘴と鼻との距離が短いので要注意です。
鼻にパウダーフードが掛り、それが鼻の穴に入り
滞留すると腐敗し菌が発生します。
副鼻腔炎です。

これが厄介な事になります。
副鼻腔炎から命を落とす事もかなりの確率であります。
本来雛の眼は真ん丸です。
それが真ん丸に開かず、ラグビーボールのよう形になっていたら
まず、副鼻腔炎を疑ってください。

今年一年、お付き合い頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。m(__)m




P1015995.jpg




P1015998.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





年末年始も翌日お届けできます。



評発売中!

「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1015979.jpg

オカメのひなひな。
9日齢です。
体重19g。

瞼が切れ、眼が薄っすらと開きました。
眼瞼裂です。

眼が開いて
こちらを認識できるので
明日からは挿し餌をスプーンに変えます。

スプーンの挿し餌はシリンジよりも食欲の見極めがし易いです。
この頃の雛の健康状態の一番のバロメーターは食欲です。
強制給餌では食欲の有無の微妙な感じが判り難いからです。
それと、1羽ですからスプーンで十分です。



P1015977.jpg




P1015978.jpg




P1015974.jpg




P1015972.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





年末年始も翌日お届けできます。



評発売中!

「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1015943.jpg

8日齢。
15gです。
食滞はさ湯を飲ませ
軽くそ嚢マッサージで全てそ嚢落ちしました。
軽い食滞で良かった。
もう、大丈夫です。

だんだん、瞼の黒い部分が薄くくなり赤くなって来ました。
フラッシュを焚くと眼が赤いのが分かります。
この子はルチノーですね。
OF(オレンジフェース)かPF(パステルフェース)です。



P1015939.jpg




P1015942.jpg




P1015941.jpg




P1015940.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





年末年始も翌日お届けできます。



評発売中!

「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp





オカメのひなひな
7日齢。
体重12g。

ちょっと食滞を起こしてます。
前日の夜のフードが落ちていません。

う~ん、ちょっと心配です。



P1011576.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011558.jpg

オカメのひなひなです。
6日齢。
10gです。

画像は育雛器の中です。
温度30℃、湿度30%から40%で管理しています。

親鳥には保温は全く必要はありませんが
雛には保温が必要です。

28℃未満だとダメージを与えます。
また、孵化温度の37℃では徐々にダメージ与えます。
初生雛の温度管理は非常に神経を使います。




P1011559.jpg




P1011560.jpg




P1011561.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp





5日齢です。
体重9g。

お腹いっぱいでひっくり返っています。
お腹の下に小さい穴が見えると思います。
これはおへそです。
産まれた途端はちゃんとへその緒もあります。
ここから卵黄と繋がっていて
約20日間、栄養を貰っていました。

ちゃんとインコにもおへそがあります。



P1011549.jpg




P1011550.jpg




P1011554.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011540.jpg

オカメの雛。
4日齢です。
体重8g。

日齢の計算は産まれた(孵化した)日が0日齢。
1歳未満の赤ちゃんが0歳と同じ考え方です。
ですので4日齢は孵化5日後。
5日後にしてようやく孵化直後の体重の倍になりました。

先日、お話した卵歯が
嘴の先に小さい角のように着いているのが分かると思います。
随分、小さくなりました。
あと、2、3日で取れてなくなります。


P1011536.jpg




P1011537.jpg




P1011539.jpg




P1011543.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011506.jpg

3日齢です。
体重、6g。

この頃になると
挿し餌も1g弱程食べます。
挿し餌の間隔も3時間置きから4時間置きで問題ありません。
そ嚢のフードの残留状態で決めて行きます。



P1011516.jpg




P1011513.jpg









P1011512.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp





1羽だけ孵化したオカメの雛です。
嘴の先に違和感のある、
少し大きめの変わった形の嘴が付いてるのが分かると思います。
これは卵歯と言って初生雛特有の嘴と言うか歯と言うか・・・。
少しギザギザになっています。
これは孵化の時、卵の殻を内側から破るための、ノコギリのような役目をします。
卵歯が付いているので殻を破れる訳です。
不思議とこの卵歯、1週間程で自然と無くなります。

2日齢。
体重5g。

2日齢になると
そ嚢も少し大きくなり、挿し餌にも慣れてくるので
挿し餌の量も1滴から4、5滴まで増やします。
ご覧の様に小さいながらそ嚢にしっかりパウダーフードが入っています。
1滴、4、5滴と言っても何の滴なのか分からないですね。
実は3ccのスポイドの1滴です。

2日齢(孵化3日後)にして
体重がようやく1g増え、5gになりました。
4gが5gです。
僅か1gですが
人間で例えると4000gの赤ちゃんが
3日後に5000gになったのと同じ比率です。

見掛けはほとんど変わりませんが
成長しています。




P1011498.jpg




P1011499.jpg




P1011500.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp





1日齢、
体重、4g。

保温環境は孵化器の37.5℃から育雛器30℃保温へ移動しました。
挿し餌はパウダーフードを味噌汁くらいの薄さで上げます。
ほんの一滴程を3時間置きです。
また、初生雛の人工飼育で一番難しいのは挿し餌です。
挿し餌を気管に詰まらせないように細心の注意が必要です。
気管に詰まらせた場合、残念ながら秒殺です。

この子、うっすらと眼が赤いような・・・。
シナモン系かも知れません。


P1011492.jpg




P1011490.jpg




P1011489.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011487.jpg

オカメの卵。
3個の内、1個だけ孵化しました。
孵化して30分程です。
まだ、羽が濡れています。
孵化器で孵化すると、このように羽が濡れた感じになります。
湿度の影響かも・・・。
黒い点々は血液が少し固まった物です。

孵化して僅か30分しか経っていないのに
一生懸命立とうとしているが分かると思います。

0日齢
体重4g。



P1011484.jpg




P1011488.jpg




P1011486.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011477.jpg

孵化器で温めているオカメの卵です。
殻を割って今にも孵化しそうな感じですが
実はもう中止卵になっています。

最後の壁を破る前に力尽きたようです。
孵化前日に中止卵と言う悲しい結果になりました。
あと、もう少しだったのですが・・・。

命の尊さ、重さを感じました。




P1011478.jpg




P1011480.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011472.jpg

孵化器の3つの卵。
季節外れに産卵したオカメの卵です。
我家だけかもしれませんが、
季節外れに産まれた卵はあまり熱心に抱卵しません。

この3つの卵も両親共に放ったらかし。
まったく抱卵に興味なし。
ずっと冷たく冷えた卵でした。
恐らく無精卵なんでしょう。

とは言うものの万が一有精卵の可能性も・・・。
他に托卵できるオカメペアもいないので
とりあえず孵化器へ入れて置きました。




P1011470.jpg

どうするこの卵・・・。
有精卵だったら・・・。
この年末の忙しい時に
3時間おきの初生雛の挿し餌。
できるのか~。

まず、無精卵でしょう・・・。




5日後・・・。


ガ~~~ン。
血管が~~~。
産まれたら頼むぞ~~と言わんばかりに
飼育委員には血管が踊っているように見えるのは気のせいでしょうか・・・。




IMG_5718.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011465.jpg

今朝は寒かったです。
こちら地方、朝の気温3℃でした。
寒かった~~。

10月産まれの雛達も外で暮らしています。
寒さは全く問題ありません。

「安心して下さい、穿いてますよ。
シマシマパンツ。」

外にいるこの子達、みんな元気です。
お迎えを頂いて、だんだん数が少なくなってきました。
今週末でみんないなくなります。

そろそろウロコの季節ですね。




P1011459.jpg





P1011462.jpg




P1011463.jpg




P1011461.jpg




P1011454.jpg




P1011458.jpg




P1011469.jpg




P1011468.jpg




P1011457.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011448.jpg

10月孵化のオカメ達です。
もう、一人餌になっています。

この子達も外で暮らしていますよ。

オカメのケージは(ゲージではありません、ケージです。)
もちろん広い(大きい)に越したことはないのですが
やはりスペースの問題があります。
HOEI社の465シリーズはちょうど良いサイズではないでしょうか・・・。
画像のケージは1辺600mm四方のケージです。

問題はオカメケージの中のレイアウトです。
広くて大きいケージならともかく
家庭用の465サイズのケージの中を
テーマパークさながらに、じゃらじゃらおもちゃを付けておられる方がいます。
もうそこは「It's a Small World」です。

お気持ちは良く分かるのですが、
オカメインコは他のインコとは全く違う習性を持っています。
それは「オカメパニック」です。
驚いた時のパニクリは尋常ではありません。

スペースの限られたケージでパニックを起こすとケガをする事があります。
そのスペースが「It's a Small World」です。
じゃらじゃらで翼の骨を折ったり、ブラさっがてるブランコで頭を打ったり
ケガでは済まない場合もあります。

オカメはセキセイやコザクラ、ウロコとは習性が違います。
オカメのケージの中は出来るだけシンプルにする事です。
「It's a Small World」の世界は放鳥の時にやってくださいね。

それとオカメはバードテントでは寝ません。



P1011447.jpg




P1011445.jpg




P1011443.jpg




P1011444.jpg



P1011441.jpg




P1011440.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ





好評発売中!
「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら




ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。

terysbirds@yahoo.co.jp



P1011412.jpg

こちらコロニーの住鳥です。
コロニーは屋外の屋根だけがある、
四方(実際は六方)は金網の縦横高さ約2mのケージです。
小学校にあった鳥小屋をイメージしていただければ分かりやすいです。
正にその物です。

最近寒くなって来ました。
こちらの地方、今朝は8℃くらいでした。
真冬にはケージの中の水が凍りますが
我家の小鳥達に関しては全く問題ありません。
むしろ、寒い風や横殴りの雨を楽しんでいるようです。

保温を止めると羽の艶が見事に変わってきます。
てきめんに表れるのが発情です。
自然な気温では無駄な発情は全くしません。
春、秋と決まってきます。
保温をすると、どうしても過発情になりがちです。
保温をしなくても人間の暖房でも発情してしまいます。

結構な頻度で発情の事で相談があります。
見事に全ての方がインコ専用の保温をされてます。
栄養豊富なご飯を与え、保温をすることで発情を促進し、
発情を抑えるためいろいろする。
最終兵器は薬で…。
本末転倒ではないですか…。

コロニーの住鳥は
オカメ、セキセイ、ビセイ、サザナミ、キンカチョウです。
コザクラも大丈夫かなと思って1羽入れてみましたが
やはりコザクラは凶暴でした。
3羽程、刃傷沙汰になりました。
軽傷で良かったです。

なのでここにはコザクラとウロコは一緒にはしていません。
この2種はかなりテリトリー意識が強いように思います。



P1011409.jpg




P1011410.jpg




P1011403.jpg




P1011404.jpg




P1011392.jpg




P1011389.jpg




P1011388.jpg




P1011390.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ