頑張れ!オカメペアレンツ

たくさんの小鳥たちに囲まれています。


好評発売中!「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら



ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。
terysbirds@yahoo.co.jp



PZ011834.jpg

オカメのヒナヒナです。
春を待てないペアに巣箱を設置、
やっぱり産卵、
4個産卵、すべて孵りました。

1号、2月16日孵化、6日齢。
2号、2月17日孵化、5日齢。
3号、2月18日孵化、4日齢。
4号、2月20日孵化、2日齢。

でも、1個余分な卵が・・・。

オカメに限らず、卵がすべて孵化すると
親は巣箱を空ける事が多くなります。

我家の飼育環境は屋外です。
この雛達、屋外の巣箱の中で孵化しています。
朝方は0℃近くになります。
日中も一桁台の気温です。
それでもちゃんと孵化し、育ちます。
両親がしっかり抱卵、抱雛をしているからです。

これが親がいなければ、
屋外環境では直接、死に繋がります。

深夜の地震が最悪です。
それを少しでも緩和するために
他で産まれた無精卵を偽卵代わりに使います。
卵が1個あるだけで
親は卵を温めに巣箱に帰らないといけないモードになります。
それでもダメな時はダメですが・・・。

孵化した雛達、全てシナモンspエメラルドです。
チークはOFまたはPFです。
上手く育つと良いのですが・・・。
もう少し両親に頑張ってもらうしかありません。




PZ011835.jpg




PZ011833.jpg




PZ011832.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ



コメント
コメントありがとう
うわぁ〜!
可愛い(♡ˊ艸ˋ♡)
頑張って大きくなって!
やっぱり、このお尻は可愛いですね〜

最後の卵からは雛は産まれないって事ですか?
2016/02/23(火)| URL | ココちゃん #-[ 編集]
あっ、無精卵でわざと置いてあるんですね。
すみません。
勉強になります。
外で産まれた雛は、室内に移したりせず、そのまま外で親鳥に大きくしてもらうんですね。
てっきり、雛が産まれたら、親鳥とともに暖かい環境にするのかと思ってました。
でも、丈夫に育つんじゃないかなと。
寒さなんかに負けない丈夫な仔に。
2016/02/23(火)| URL | ココちゃん #-[ 編集]
おーッ!春が待てないペアには
季節なんか無関係なんですねえ笑笑
暖かい日もあったりしますしね…(´・ω・`;)

この子たちは、もうシナモンspエメラルドで
決まってるんですねえ〜〜⑅◡̈*
夜中の地震……ほんと、起きませんように!
2016/02/23(火)| URL | erika #-[ 編集]
まぁ、暦の上での春にちゃっかり合わせた感じでしょうか?まだ寒いのに。teryさんにとっては心配でしかない時間がしばらく続きますね(^_^;)
全員無事に育つことを祈ってます!
2016/02/23(火)| URL | やんちゃなはっちゃん #-[ 編集]
凄いですね。
うちのペアは、7個の卵が全て無精卵でした。
巣箱を取り払い。セットし直します。
残念‼️次に期待します。
2016/02/23(火)| URL | 池田一仁 #bY8.6M8Q[ 編集]
オカメにしては早いですね

オカメはパニック怖いですもんね

この時期巣離れされたら
ヒナは時間持たないですもんね

親鳥に頑張って貰いたいですね
2016/02/23(火)| URL | keiroumaru #Fm81lUyk[ 編集]
驚きました
親鳥さんが雛から離れないように
無精卵を置くこと初めて知りました。

teryさんのサイトは 本当にいろいろ勉強になります!

また 写真が愛情あふれてかわいいかわいい。いろいろな雛ちゃんが大きくなっていく様子を見るのが毎日楽しみです。

ところで・・・インコでなく文鳥も保温なしでよいのでしょうか? 文鳥のこともご存知でしたら教えていただけませんか?

よろしくお願いします!


2016/02/23(火)| URL | ぽちぴー #-[ 編集]
こんばんは。私の夢にも出てきた、4羽のヒナちゃん達、
本当に可愛いですね。
しかも、珍しいカラーなんですね。
これからまた、楽しみに見させていただきます。
2016/02/23(火)| URL | toraji #5JrBn/9Y[ 編集]
わが家のオカメは今日1個目を産卵しました。
少し早いかなと思いながらの巣箱設置だったんですが、さらに早くすでに孵化しているヒナもいるんですね。

秋頃、teryさんに餌や巣箱のことでご丁寧にアドバイスいただき、餌には気を遣い、巣箱にはワラジーを投入して万全の対策のつもりだったのですが、わが家のオカメたち、ワラを噛んでは引きちぎりボロボロにしてしまいました・・・涙
これ、本人たちにとっては巣作りの一環なんでしょうか?

残骸が残った状態で、かろうじて卵転がり放題にはなっていないようですけど、ウーンどうしたものかと。。。

2016/02/23(火)| URL | ててぃあろあ #-[ 編集]
ココちゃんさん。
そのまま、屋外で育てられますよ。
雛が暖かい環境に移すのは
親から誘拐し、私が挿し餌をする時です。
親の抱雛と同じ環境にする訳です。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
erikaさん。
今年はやっぱり例年より暖かいですね。
ですが深夜の地震や
何かイレギュラーな音が一番困ります。
巣箱に帰還してくれれば良いのですが
そのまま帰れないと
雛はみんなお星様です。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
やんちゃなはっちゃんさん。
朝、一番にこの子達のケージを見ます。
親の姿がケージにないとホッとします。
しっかり巣箱の中で雛を守っています。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
池田一仁さん。
残念ですね。
我家もありました。
他のペアですべて無精卵。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
KeIroumaruさん。
オカメパニックだけはどうする事もできませんね。
部屋外でしたら少々巣箱を離れても問題ないのですが
屋外では今の時期、1時間超えるともたないですね。
親鳥、がんばれです。
その点、ウロコは何があっても巣箱から出て来ませんね(笑)
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
へぇ~、そうなんだぁ。孵らない卵って、巣に親鳥さんをとどめる効果があったんですねー!ヒナちゃん、ポカポカだあ。
まだ生後まもないヒナヒナなのに、なんだか羽毛の密度が高いような気がする?寒いほど、フサフサになりやすいのかしら。キレイな黄色ですねぇ。みんな元気に育ってね♪
2016/02/23(火)| URL | ろろ #-[ 編集]
ぽちぴーさん。
ありがとうございます。
偽卵代わりです。
卵、1つあるだけで
親鳥は抱卵本能のスイッチが入ります。
それを利用する訳です。

ブンチョウやキンカチョウも外で暮らしていますよ。
また、産卵、孵化も外でしています。
但し、巣上げした雛はインコも同じで
しっかり保温が必要です。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
torajiさん。
今回は残念でしたね。
あとは銀ちゃん次第ですね。
「がんばれ銀次郎!」
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
ててぃあろあさん。
卵が転がると中止卵の確率が高くなります。
この場合、巣材を足すと良いです。
チップを足します。
お勧めは「アスペンの大地」です。
適度な硬さがあり卵が埋もれません。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
ろろさん。
はい、効果はあるのですが
しばらくすると
もう孵らない卵だとばれます。
少しの間だけです。
2016/02/23(火)| URL | tery #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://terysbirds.blog.fc2.com/tb.php/1195-de9cecf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック