遺伝的に男の子

たくさんの小鳥たちに囲まれています。


好評発売中!「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら



ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ。
terysbirds@yahoo.co.jp



PZ012937.jpg

今春のラスト前の雛達です。

父親OFノーマル、母親PFシナモン

1号、OFシナモンパイドです。
5月28日孵化、25日齢、94g、遺伝的に男の子。
念のため性別鑑定中。

2号、OFノーマル、73g、遺伝的に男の子。
5月30日孵化、23日齢。

この子達の父親はOFノーマル。
母親はPFシナモン。

このペアからノーマルが産まれた場合
本来ならば遺伝的に雌雄の判別はできませんが
このペアからのノーマルは遺伝的に雄と確定できます。
(性染色体劣性遺伝の品種を伴わないノーマルも確定できます。
例えばWFノーマル、ノーマルパイド等)

では何故なのか?
それは父親がダブルスプリットだからです。
ダブルスプリットとは
雄の2つのZ遺伝子の両方に
異なった性染色体劣性遺伝子を持っているスプリットを言います。


父親はOFノーマルですが
性染色体劣性遺伝スプリットに
ルチノー、シナモンパール。
常染色体劣性遺伝スプリットに
パイド、ホワイトフェース、パステルフェース。
(常染色体遺伝子は雌雄には全く影響しません。)

遺伝子記号は
wf pf pd Z(lu)Z(cn-pl)
これ以外は今のところ持っていません。

ノーマルダブルスプリットは表現こそノーマルですが
複数分裂が行われた時、必ず性染色体を伴ったZを放出します。

父親 wf pf pd Z(lu)Z(cn-pl)
母親 wf pf pd Z(cn)W

分かりやすいように性別に関係する性染色体だけ展開します。
Z(lu)Z(cn) → ノーマル♂
Z(cn-pl)Z(cn) → シナモン♂
Z(lu)W → ルチノー♀
Z(cn-pl)W → シナモンパール♀

WFノーマルもノーマルパイドも同じことです。
後に常染色体を載せれば良いだけです。
このペアの場合、性染色体を伴わないノーマル(WFノーマル、ノーマルパイド等)は
必ず雄になります。
なのでこのペアからは
ルチノー、シナモンパールだと雌。
ノーマル、シナモンだと雄と決定されます。

1号シナモンパイドも遺伝的に男の子に間違いありませんが
クロスオーバーの逆、cn-plがほどけた場合も万が一に考え
念の為、性別鑑定中です。

パール柄が出ない限り、
1号、2号は遺伝的に男の子に間違いありません。
女子率が高かった今春の雛達。
今回は男の子です。




PZ012936.jpg




PZ012935.jpg




PZ012938.jpg




PZ012934.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ



コメント
コメントありがとう
今度は男の子コンビ〜(*°∀°)=3
またまた可愛い2羽ちゃんが仲間入りしたんですね!
オカメの遺伝、複雑な印象があったのですが今日の記事を見ていてだんだんとわかってきました…!(多分w)
この子達のお父さんはすごいノーマルなんですね
理屈はなんとなくわかっても、不思議な感じがしますᐠ( ᐝ̱ )ᐟ
2016/06/23(木)| URL | ゆるちゃん #-[ 編集]
今春、女子率が高めだったので
もしかしたらと淡い期待を持ってましたが
もうラストなんですね(ノД`)シクシク
ちょっぴり残念ですが
次の秋を楽しみにしたいと思います。
遺伝の説明、すごくわかりやすく
書いていただいてるのに
私の頭の中はまだ「???」です^^;;
2016/06/23(木)| URL | すぐり #JBFGtPPo[ 編集]
ゆるちゃんさん。
オカメの遺伝はそんなに難しくないですよ。
理屈が分かれば簡単ですよ。
2016/06/25(土)| URL | tery #-[ 編集]
すぐりさん。
ご希望の女の子が産まれなくて。
また、次回を期待します。
2016/06/25(土)| URL | tery #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://terysbirds.blog.fc2.com/tb.php/1268-4e031f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック