巣上げのタイミング2

たくさんの小鳥たちに囲まれています。
【産卵、抱卵状況】はこちらから。



DSC00010 (7)


10日齢。
体重42g。
この仔は成長が良いですね。
きっと健康優良児なんでしょう。
同じ日に産まれた別の仔より30%以上重いです。
この仔が重すぎるのかも・・・(^_^;)


DSC00051 (6)


パイド柄が肩に少し出て来ました。
この仔はミディアムヘビーパイドみたいな感じになるかな~・・・。


DSC00012 (2)



早く巣上げをしないといけない時。
それはたくさんの雛が孵った時です。
オカメはだいたい4個から6個の卵を産みます。
例えば5個産み、全部孵化した場合、
第一卵の孵化と第5卵の孵化との時間差は1週間以上開きます。
成鳥の記録をご覧頂いて分かるように、
1週間以上の成鳥の差は凄まじいものがあります。
そうなるとどんな事が起こるのかと言うと
第4卵や第5卵のようにあとの方に孵った雛達は
最初の方に孵った雛達と体格の差があり過ぎて
親からご飯を貰えないと言う事が起こります。
それを防ぐために最初の仔より順次巣上げをしていきます。


DSC00053 (4)


DSC00098.jpg


いつもご覧頂き
ありがとうございます。
にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ




FC2 Blog Ranking



9月29日。
DSC00092.jpg


気温の差が激しすぎ!!!
朝17度、日中31度。
朝は「寒っ!」昼間は「暑っ!!」って感じです。
暑さが長引いたのか
秋の孵化率は過去最低でした。
中止卵がかなり出てしまいました。
みなさんのところはどうでしたか?
これだけ気候の変化激しいので
次回からちょっと工夫が必要です。

巣上げのタイミング、時期はいつがいいのか?
この答えは
「できるだけ長く親に面倒を見てもらう」
と言うのが正解でしょう。
当たり前ですが
出来るだけ長くと言っても
一人餌になるまで親に預けておくと手乗りにはなりません。
出来るだけ長くのタイミングですが
21日齢が目安です。
ただ雛の成長具合、雛の羽数によっては
もっと早く巣上げをしないといけない時があります。
それはどのような時か?
続きは明日書きますね。
そうそう、レセッシブ×ファローペアに雛が1羽孵ってました。
この仔は大人になればメチャクチャ綺麗です。
お楽しみに・・・。



写真はWFシナモンパイドとOFシナモンパイドのペアのヒナヒナ達。
少ししっかりして来ました。
でもまだ眼がしっかり開いていませんね。
あと4,5日もすればクリクリになりますよ。

1号39g。
2号22g。

DSC00091.jpg


一丁前にパイド柄が出て来ました。
この2羽は
OFシナモンパイドかOFシナモンパールパイドになります。
OFシナモンパールパイドだったら女の仔です。


DSC00098.jpg


DSC00093 (2)


いつもご覧頂き
ありがとうございます。
にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ




FC2 Blog Ranking
コメント
コメントありがとう
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://terysbirds.blog.fc2.com/tb.php/129-dac44b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック