優性遺伝とは

たくさんの小鳥たちに囲まれています。


好評発売中!「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら



ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ→ご注文画面



PZ014617.jpg

今日(17日)は一日雨模様。
光源不足で写真は全部没でした。
この写真は昨日撮った写真です。

この子は品種は分かりますか?

WFDSSF。
これでは何の事か分からなですね。

WFドミナントシルバーシングルファアクターです。
WFシナモンとはまた違うでしょ。

ドミナントシルバーは常染色体上で優先遺伝をします。
オカメで優先遺伝子はドミナントだけかな~・・・・。
イエローフェイスも優先遺伝があったような???

それは置いておき、
常染色体の優先遺伝と劣性遺伝の違いは
劣性遺伝は両親から1つずつ遺伝子を貰わないと
子供には遺伝しません。

例えば常染色体劣性遺伝のパイド。
片方の両親がパイドまたはパイドスプリットさえも持っていなければ
子供にはパイドが産まれない訳です。
これが劣性遺伝。
両親から1つずつ必要です。

では常染色体優性遺伝。
これは2つ揃わなくても
1つで表現できます。
なので1つでの表現をシングルファクター。
両親から1つずつ貰ってのダブルファクターが存在する訳です。

シングルファクターとダブルファクター。
また色が全然違います。

ダブルファクターが産まれるのには
シングルファクター×シングルファクター。
ダブルファクター×シングルファクター。
ダブルファクター×ダブルファクター。
この3パターンしかありません。

ダブルファクターの産まれる確率が違います。
シングルファクター×シングルファクターで25%。
ダブルファクター×シングルファクターで50%。
ダブルファクター×ダブルファクターで100%です。

これはオカメのドミナントシルバーに限らず
すべての常染色体優性遺伝に通じます。

例えばウロコのバイオレット。
これも実は常染色体優性遺伝なので
シングルファクターとダブルファクターが存在します。








PZ014619.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ



コメント
コメントありがとう
こんにちは。
オカメの色、沢山ありすぎて、難し過ぎてなかなか理解出来ません^^;
遺伝子的にはハッキリしていても、見た目ではシナモンとシルバー?の差が分からなかったり…
テリーさんの記事を読みながら少しずつ覚えていっています。
勉強になります!
2017/02/18(土)| URL | みゅー #C4yzd0ZY[ 編集]
みゅーさん。
はい、
品種沢山ありますね。
全ての色が掛算ですから
凄い種類の数になりますね。

WFルチノーも
WFとルチノーの掛算。
ルチノーだけでホッペが4種類あるので
4種類のルチノーです。
そこに
パールが入ればそれの2倍。
こんな感じで倍々です。
2017/02/18(土)| URL | tery #-[ 編集]
ウロコのバイオレット?
バイオレット?
どんな子なんでしょう??
2017/02/19(日)| URL | もね #mQop/nM.[ 編集]
ウロコのバイオレットって、優性遺伝だったんですね。初耳でした。
ブルーとはまた違った色合いで、本当に綺麗なコバルトブルーしてますよね、バイオレットって。
どのようにして作出されたのかとっても気になります。
2017/02/19(日)| URL | やび丸 #-[ 編集]
もねさん。
サザナミのコバルトみたいな感じです。
2017/02/19(日)| URL | tery #-[ 編集]
やび丸さん。
はい、優性遺伝です。
なのでSFとDFが存在します。

色変わりのほとんどが
突然変異と聞いたことがあります。
2017/02/19(日)| URL | tery #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://terysbirds.blog.fc2.com/tb.php/1395-4ff2bfd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック