4号がいない

たくさんの小鳥たちに囲まれています。


好評発売中!「大好評!ちょっと訳あり赤粟穂」詳細は→こちら



ただ今、我家と同じ餌をお分けしています。詳しくはこちら→我家の餌」



ご注文はこちらからどうぞ→ご注文画面





コザちゃん、
無事に5羽孵化しましたが
1号と5号との孵化日の差が8日間あります。
1号は親指くらい、
5号は親指の爪くらいの大きさです。
このように孵化日で体格差が出来た場合、
末っ子達は餌が回って来ず
落鳥する事があります。

その場合、
少し早いですが最初に孵化した雛を巣上げします。

この記事を書いてるリアルタイムで写真を撮るため
巣上げ前の巣箱の中を見ましたが
5羽いるはずの雛が4羽しかいません。
残ってる雛達の大きさからすると
4号がいません。

先程、記事にした通りの事です。
恐らく落鳥し、親が痕跡を残さず始末をしたんだと思います。
自然界は厳しいです。



PZ016657.jpg

気を取り直して、
1号、2号を巣上げしました。

1号、9月27日孵化、11日齢。
2号、9月28日孵化、10日齢。

1号はOFシナモン系。
2号はOFグリーン系だと思います。



PZ016662.jpg




PZ016660.jpg




PZ016659.jpg




PZ016661.jpg




PZ016666.jpg




PZ016665.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ



コメント
コメントありがとう
4号がいない
Tery 様

タイトルを見た時は?と思いました。(後で見つかったetc. が 勝手に思い浮かびました)
素人ながらどの雛ちゃんも順調に育つ様にと
願っていました、、。1号ちゃんがやっと親指大になった位なのに1号ちゃん2号ちゃんが巣上げとは、ですがTeryさんの元で餌がきっちり貰えるので一先ず安心です!

命の大切さを考えさせて頂きました。m(_ • _)m
Tery さん、雛ちゃん、お父さん・お母さん、頑張って下さい。
2017/10/08(日)| URL | Primrose #-[ 編集]
痕跡もなく、居なくなってる…
この居なくなった原因を知っていなかったら
まさか、親鳥が食べるなんて考えれないと
自分やったら、ずっと居なくなった子の
行方に謎めいていたと思います😨💦
teryさんに、跡形もなく食べてしまうと
聞いた時は、衝撃的でした😱‼️💦
ホントに厳しい…p(´⌒`。q)
2017/10/08(日)| URL | erika #-[ 編集]
Primroseさん。
一人前になるまで
いろいろな事が起きますね。
2017/10/09(月)| URL | tery #-[ 編集]
erikaさん。
多分、自衛本能が働くのではないでしょうか。
2017/10/09(月)| URL | tery #-[ 編集]
衝撃ですね
いつも楽しく拝読しています。Teryさんの小鳥への愛情が伝わってきて、参考にさせて頂ける記事も多くて助かります。

特に保温については目からウロコで、早いうちに良い事に気付かせていただけました。ですが一つ気掛かりなのが、て28℃で保温していた雛を初飛行の日から突然10℃もない戸外に出して気温差にちゃんと対応出来るのか不安がよぎります。これは人間の感覚で考えているせい何でしょうが勇気が要りますね。

うちは戸外ではなく部屋飼いです、文鳥であれば羽毛のない小さい雛でも二羽飼い以上なら保温器は最初から一切使わず冬も何度も育てた事はあります。

オカメインコと文鳥ではやっぱり違いますか?
オカメインコの雛を飼おうと思うと一年未満の落鳥も多いと聞いて躊躇してしまいます。
よろしくお願いします
2017/10/09(月)| URL | りかりん #tDLU.4Cw[ 編集]
りかりんさん。
いつもご覧いただきありがとうございます。
オカメインコが飛べるようになれば
保温はしなくても全く問題ありません。
室内であれば尚更大丈夫です。
気温差も全く大丈夫です。
我家の昨年の秋産まれのオカメは
12月頃飛べるようになりそのまま外で冬を越し
今も元気にしています。
地域にも依ると思いますが
部屋飼いでしたら心配は要りません。
我家からお迎え頂いた方も保温は全くなしで元気にしています。
このコメントを見て
他の方からコメント頂けるとありがたいですね。
2017/10/09(月)| URL | tery #-[ 編集]
こんばんは。
うちにはオカメインコ4羽とウロコインコ2羽がいます。
オカメインコを飼い始めた頃は保温、保温と言われ冬は温度管理にかなり気を遣いました。
その後、ウロコインコをterysbirdsさんからお迎えしました。teryさんに保温は必要無いと言われ、かなり勇気が要りましたが保温をやめました。
一年中同じ温度で管理より冬は寒い、夏は暑いと感じさせた方が羽の状態も良いように思えます。
terysbirdsさんの鳥さんたちは外ですが、みんなイキイキしていて羽ツヤも良く目も輝いていました。
うちの子たちも、そうなるといいなと思っています(o^^o)
2017/10/09(月)| URL | waka #64owOXpE[ 編集]
保温、オカメ弱い説に関して、コメント見てコメントしますね(^_^)
うちはオカメさんは二羽目です。初めて飼ったコは保温してました。20年も前です。
で、2年前はっちゃんをteryさんのところからお迎えしました。
秋にお迎えで、いきなり冬だし…とか心配しましたが、保温なしで生後5ヶ月の冬、元気いっぱいで越えました。さらに呼び鳴きがひどいはっちゃんは昼間リビング、夜は玄関で寝る生活で気温差もすごいですが、元気です。保温球は体調不良の万が一に備えて準備していますが、まだ箱から出してもいません。今年3回目の冬です。
最初は不安でしたし、今でも冷え込む夜中、寒くないかなって心配します。自分が寒いから(笑)でも大丈夫みたいですね。別にファンヒーターの近くとかにも寄ってきません。
2017/10/09(月)| URL | やんちゃなはっちゃん #-[ 編集]
オカメインコ歴まだ2年半ですが
保温は一切してないです(♡˙︶˙♡)
普段、保温していないからパニックで
怪我して体調を崩した時、保温器が
応急処置として大活躍してくれました!
普段から温めていたら、体調崩した時
一体何度で…ってなってしまいます😣
保温しない事で、自然な羽毛でビッシリに
なって来ます(♡˙︶˙♡)
実際、初めてオカメインコを迎えた
1羽目の子はショップで保温されていて
スカスカな羽毛でしたが今では
ボリューム満点ミッチリはえてます笑笑
是非、今年は脱保温器で
過ごしてあげてみて!😁と勧めます👍✨
我が家、室内飼いですが夜中も小窓
空気転換で開けとります😅真冬もです😁
室内飼いなら飲み水も凍らないですし😁
保温器が必要なのは巣上げて初飛行する迄で
初飛行したら、天然な羽毛があるので
大丈夫ッ(((o(*゚▽゚*)o)))我が家に中庭があれば
すぐにでもteryさんのとこみたいに
年中外で飼いたいくらいです笑笑
↑中で飼いたくないと言う訳じゃないですよ😅

2017/10/09(月)| URL | erika #-[ 編集]
保温
私も最初にコザクラをお迎えした時は保温が必要と思ってヒーター買いました。翌冬、テリーさんに保温が不要なことを教えていただいてからは全く保温をしていませんが、みんな寒い中とっても元気です!うちは冬でも昼間は窓全開で寒いですが、そのほうが良い羽が生えてくる気がします。ヒナは初飛行したら一気に保温状態から寒空の下ですが、私の心配をよそに寒そうにもしていません。水浴びもよくします。今うちの子たちを冬にヒーターの中に置いたらきっと体調崩すと思います。屋外飼育に憧れます☆
2017/10/09(月)| URL | コザクラインコ #-[ 編集]
りかりんさん
初めまして(^^)
私もセキセイを飼っていた頃、飼育書を鵜呑みにし、年中保温していました。結果、過発情になり、原因は不明ですが生後8ヶ月で突然亡くなってしまいました。

その後オカメをお迎えするにあたり、teryさんのブログを拝見し、保温しない飼育に切り替えました。

現在我が家には、1歳過ぎのウロコとオカメ、11ヶ月になるウロコ、5ヶ月のオカメがいますが、全て無加温飼育です。
北海道ですので、冬場の夜の室温は10℃まで下がる事もありましたが、1歳過ぎた子達は何事もなく冬を越しました。
発情もなく、みなとっても元気です。

オカメが弱いと言われるのは、雛時の温度管理がシビアなのと、病気による落鳥率が高いからそう言われているのだと思います。
健康なオカメちゃんはとってもタフで寒さに強いですよ(^^)
2017/10/10(火)| URL | やび丸 #-[ 編集]
保温についての回答の御礼
Teryさん、皆さん保温についてのたくさんのご回答有難う御座いました!
やっぱり保温は健康な鳥には必要ない物なんだとしっかりと認識いたしました。体調を崩した時のいざと言う時の為にこそ取っておかないといけませんね。

これで自信を持って育てる事ができそうです、有難う御座いました❢
2017/10/13(金)| URL | りかりん #tDLU.4Cw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://terysbirds.blog.fc2.com/tb.php/1544-b84f81fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック